blog index

熱血建築士やまちゃんのつぶやき

千葉県建築士会 広報委員

熱血建築士やまちゃんが熱く語る!
最近、重要文化財などの研究に興味を持ち始めました。
また、建築と福祉についての関連について勉強しています。
みなさんのコメントお待ちしております!
<< エアコンのクリーニング! | main | 災害ある度思うこと >>
本年もよろしくお願いします(^^)
新年明けましておめでとうございます
本年もよろしくお願いします

2012年も始まりもう2週間が過ぎようとしています。
皆さんお元気ですか?
私は、元気です。


さて、ここんとこ多忙のため全然更新できてなかったブログを再開します(^^;

昨年より、文化庁研修『地域の歴史的建造物の保全・活用に関わる専門家育成研修』に参加しています。この研修は、全8回の講義を受けて修了します。私自身常日頃より、歴史的建造物に興味があり、あちこちの文化財や重伝建など探索してきました。

今回は、千葉県長生郡長南町にある『笠森観音』に行ってまいりました。



四方懸造で有名な笠森観音
小高い山に対して、四方共に懸け造りになっている
ちょっとした、ビルの足場に乗っているような気分だ
気をつけないと目を回します(@。@)



子授け楠
楠の穴をくぐり抜けると子宝が授かるという
手前には、アルミのハシゴがかかっており、
くぐりやすくなっている。
やまちゃんもくぐってみました(^^;

ここは大自然につつまれて、いい気が溢れていました。
また、欄干からの眺めも良く気分はサイコーでした



笠森観音は、正式名称を『天台宗・別格大本山笠森寺』と称し、延暦3年(784)伝教大師最澄上人が楠の霊木で十一面観世音菩薩を刻み山上に安置し開基されたと伝えられています。
観音堂は長元元年(1028)後一条天皇の勅願により建立され、その建築様式は日本唯一の『四方懸造』として明治41年(1908)「国宝」に、その後昭和25年(1950)「文化財保護法」の制定により「国指定重要文化財」となっています。
周辺の山々は「県立笠森鶴舞自然公園」に指定されており、特に観音山は昭和45年(1970)「国指定天然記念物笠森寺自然林」として保護されています。
また笠森寺は「坂東三十三観音札所」の第三十一番札所として古来より巡礼の霊場となっています。  (パンフレットより抜粋)

今回の笠森観音は、まだまだ紹介しきれていないのですが今回はこの辺で(^^;

次回は、「玉前神社」を訪ねてみます(^^)/^^^^^^
| やまちゃん | - | 22:10 | comments(2) | - |
コメント
こんばんは。
初めてコメントを書きます。鶴次郎でございます。
今年もよろしくお願いします。

とてもステキなブログですね。

ところで、僕も最近ブログを始めました。
音楽ネタじゃなくてすみませんが。

URL をクリックすれば見られるかと思います。
でも、まだ始めたばかりなので、コンテンツはまだまだ少ないですが。
暇なときにでも見てやって欲しいと思います。

では。
| tsurujiro | 2012/01/15 6:20 PM |
鶴次郎さん ご訪問ありがとうございます。

ブログになかなか投稿できずにいましたが、また懲りずに続けていこうと思います。

これからも宜しくお願いします(^^)
| やまちゃん | 2012/01/16 2:18 PM |
コメントする


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ